ラップイン構造とサンドイッチ構造

ラップイン構造とサンドイッチ構造の違い

カラコン製造工場の画像

 

現在販売されているカラコンの製法は2種類が主流になっています。

 

それがラップイン構造サンドイッチ構造です。

 

ラップイン構造のカラコンはネオサイトワンデーリングなどがあります。
一方のサンドイッチ構造のカラコンはモテコンなどがあります。

 

これらの製法はどこに違いがあるのでしょうか。ここではこの2種類の違いと他の製造方法と合わせて簡単に説明します。

 

 

ラップイン製法

 

カラコンのレンズ素材で着色部分を包み込み、型に入れることで色素の流出を防ぎ、より薄く柔らかいレンズをつくります。

 

 

 

 

サンドイッチ製法

 

カラコンの色素をレンズとレンズの間に流し込んで挟み、色素の流出を防ぎ自然な装着感となります。

 

 

 

 

 

 

これらそれぞれの製法の違いですが、どちらも色素の流出を防いでいるという点で共通しているのでどっちが優れているというわけではありません。

 

 

 

また、カラコンのなかにはこれらの製法以外でも色素の流出を防いでいます。

 

 

キャストモールド製法

レンズの元である素材と着色料を機器で混ぜてからレンズを製法。薄く作ることができるのでつけ心地が良くなっています。

 

セミキャストモールド製法

レンズの外側だけを着色料で染めて、その上に特殊ポリマー素材で覆うようにつくる製法です。ある程度薄く作ることができ、イメージ的にはサンドイッチ製法とキャストモールド製法の間というイメージです。

 

スピンキャスト製法

回転する皿状の窪みにレンズの素材を流し込んで遠心力で形を作る製法。回転中にカラコンの着色料を流し込んでレンズ内部に着色料が入りますが、こちらは主に普通のコンタクトレンズでよく使われている製法です。

 

 

 

 

紹介したこれら中で安全性が高いと言われているのがラップイン構造とサンドイッチ製法で作られたものと言われています。どちらも着色部分をレンズの中心に閉じ込めるので色素が直接目に触れることがありません。

 

しかし、レンズに厚さが生まれやすいのでその分、酸素通過率が悪くなり、目が乾きやすくなったりします。けれども、これは着色部分の面積や含水率などで変わってくるので、全てのレンズがそうとは言えません。

 

 

ラップイン構造やサンドイッチ構造が安全性が高いとは言われていますが、 現在のカラコン製法はどれも安全性は高いですし、『高度管理医療機器』の許可を得たカラコン、販売店でしか販売できないので、安全性に関してはそこまで心配することもありません。

 

 

正しい使い方であればどのカラコンも安全に使用できます。

 

トップページへ戻る