低含水と高含水の違い

低含水と高含水の違い

カラコンを選ぶときに『含水率』という言葉が目に入ります。

 

「このカラコンは含水率が低く、余計な水分を蒸発させないので、乾燥しません」

 

などの特徴を持つカラコンはたくさんあります。
しかし、なかには反対に含水率の高いカラコンもあります。

 

 

 

含水率の高低差によって何が違うのか、目にどんな影響を与えるのかをこちらで説明していますので、ご覧になってください。

 

 

はじめに、ソフトコンタクトレンズが水分を含む割合を「含水率」と言い、この割合が低めのものを「低含水レンズ」、高いものを「高含水レンズ」と一般的に呼んでいます。

 

 

よく言われるのは、涙が少ない人は低含水率レンズ、涙が多い人は高含水率レンズが合っているといわれています。

 

 

この素材の含水率は、酸素の通りやすさ(酸素透過率)と深い関係があります。

 

人間には酸素が必要なように、目にも酸素が必要です。

 

 

酸素が十分に行き渡らないと角膜障害を起こしてしまいます。

 

角膜の細胞は一度壊れると修復できないと言われているので、使用限度を超えて長時間レンズをしたり、レンズをつけたまま眠ってしまったりすることは避けなければならないことなのです。

 

 

これはレンズをつけることによって、酸素が通りにくくなってしまうことが原因のひとつとなります。

 

 

レンズ素材自体の特性としては、含水率が高いほど酸素透過率は高くなりますが、これはあくまで素材のみで比較した場合で、実際のレンズの酸素透過率は、含水率の他にレンズの厚みが大きく関係しています。

 

 

例えば同じ素材で比較した場合、レンズの厚さが半分になれば酸素透過率は2倍になるとされています。

 

 

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめるとこのようになります。

 

低含水率レンズ
メリット・・・水分の蒸発が少なく、目が乾きにくい
デメリット・・・酸素通過率が低く、フィット感が少ない

 

高含水率レンズ
メリット・・・含水率が高いことでレンズが瞳に対して自然な動きをする
デメリット・・・目が乾きやすく、レンズを外しにくくなる

 

 

また、一般的には低含水率レンズは目が乾きにくく、高含水率は目に優しいと言われています。

 

 

けれども、含水率が異なる素材で同等の強度をもつレンズを作る場合、高含水レンズはレンズが厚くなり、低含水レンズはレンズを薄くすることができます。なので、レンズは薄い方が酸素透過率が高くなるため、含水率の数値だけでレンズの良し悪しを判断することはできません。

 

 

さらに、カラコンの場合これにプラスして着色によって酸素通過率が下がってしまいます。
ですので、カラコンを使用するときはカラコン用の目薬をしっかりを準備しておくことが大切です。

 

 

一番の解決策は自分にあったカラコンを見つけることです。

 

カラコンは数え切れないほどの種類がありますので、もし気に入ったデザインのものが自分の目に合わなかった場合でも、同じものは見つかりませんが、気に入るデザインのものがあるはずです。

 

使用感もデザインも両方が納得いくカラコンを見つけられるように探していくのが自分にあったカラコンを見つける唯一の方法です。

 

最後に補足ですが、カラコンに限らずルールをきちんと守れば危険なことは起きませんので、安全に使用する意識を持つようにしましょう。

 

トップページへ戻る